川柳人協会

川柳文化祭誌上大会(令和2年)
『昔』   真島久美子 選
駕籠舁きの頃はきれいな松並木佐野由利子
浦島のことは隠居の亀に聞く山田こいし
ばあさんの昔語りは怖いなあ落合 正子
こっそりと森に落としてきた昔山口 亮栄
昔昔匿名の花束が届く青木 公輔
昔追い越しだるまさんがころんだやまぐち珠美
唐突に思うあの日のビスケット伊東 マコ
桃はまだ割れず話は始まらずこはらとしこ

『恵む』   和泉あかり 選
水遣りへアンパンマンの心意気木下 種子
恵まれた価値を死守する千枚田来本 芳子
大切な子に大切にされている栁谷 益弘
歯が丈夫日本を全部食べ尽くす馬場はるか
御上より下され給う布マスク中尾 憲子
餓死しない内に届いた給付金佐瀬 貴子
タワービル月の微笑に恵まれる牧内 摩季
恵まれた席で耳から老いぼれる山口 早苗

『もてなす』   伊藤 我流 選
一人きりにしてくれるのもおもてなし佐道  正
さりげない気配りあって心地良い川畑 博則
肉じゃがで男一匹絡めとる竹内竹ノ花
空からの客をもてなす富士の山林  博之
柔らかい未来を語るさくら餅芝岡かんえもん
おもてなし笑顔に勝るものはない森崎 清三
拳骨のようなおはぎが待つ帰郷栗林むつみ
陽の匂う布団でゆるりしてと言う小林ふく子

『破る』   堀江 加代 選
青空を破りミサイル飛んでくる馬渡 静子
異次元の風が慣例突き破る大戸 和興
痛勤のスタイル破るテレワーク南川 哲夫
しゃんしゃんの期待を破る意義の挙手中島 道夫
三密を守れず生んだクラスター田中まこと
コロナ禍がライフスタイル覆えす増田 幸一
人間のルールをにんげんが破る平井 翔子
慣例を破るリモート入社式岡村水無月

『譲る』   荻原 鹿声 選
ドナーカードわたし一人でない体後藤 洋子
過去なんか全部上げるわ明日がある加藤ゆみ子
子に譲る方程式のないノート馬渡 洋子
バラの香も刺も残して座を譲る藤井 保子
青空を一枚剥がし譲ります芝岡かんえもん
勝ち取った譲歩天秤揺れ止まぬ真島久美子
禅譲をしても鵜匠の位置にいる西山 竹里
魂を譲る時間がまだ足りず大前 安子

『寄る』   上村  脩 選
傘二つ寄って濡れてもいい一つこはらとしこ
かあさんの海馬に白い鳥が寄る加藤ゆみ子
懐の広い人です人が寄る瀬戸れい子
通じ合う何かがあって半歩右真島久美子
人望の問わず語りへ和と話の輪新谷みのり
鏡ふく少女に潮が満ちてくる倉永みちよ
寄り添って生きる明日が見えるまで大野 征子
老年期平行線も歩み寄る高良 秀光

『ラッキー』   中西 隆雄 選
陥落を危うく止める不戦勝中島 道夫
耐えに耐えラッキーセブンものにする森 ひろし
八十路来て一期一会の友がいる保坂 三蔵
末席にあった残りの福の神角屋 教子
数々の試練は神のプレゼント伊東 マコ
戦争も飢えも知らずに喜寿迎え谷口 春美
天性の明るさ福を招き寄せ宮坂 芳子
広大な宇宙の隅で君に逢う加藤ゆみ子

協会秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る