川柳人協会

花久忌(平成30年2月)
『 鼻 』   江崎 紫峰選
惚れ易い男を誘う鼻濁音廣島 英一
自画像の鼻は低めにかいておく井上 東風
自惚れの鼻AIに遊ばれる上村  脩
献上の文字にのれんの高い鼻栗林むつみ
守銭奴の鼻欲得をかぎ分ける上村  脩
病床の軽い鼾に取る仮眠岡田 秀夫
鼻の差で口惜し涙の万馬券廣島 英一
鼻先を仮想通貨に擽られ小倉 利江

『矢印』   小山しげ幸選
矢印がフェイントだった赤い糸佐瀬 貴子
矢印を蹴って飛び出す親離れ渡辺  梢
招来の矢印せかす塾通い大野 征子
根回しが矢印ばかり書きたがる永井 静佳
検索で来た矢印は鬼も来る山口 早苗
平和への矢印子等へ描き残す石川 雄大
矢印で教師が諭す人の道渡邊俊太郎
核の無い地球を探す矢の印潮田 春雄

『休日』   芦田 鈴美選
休日が増えて底突く軍資金島根 勝利
寝た振りをして家計簿を休ませる伊藤三十六
AIに任せ戦士を休ませる新谷みのり
留守電が冬眠中と繰り返す森吉留里恵
連休に金魚肥満にさせられる新井千恵子
休日もルーティン変えぬ酒二合島根 勝利
育休を終えて男は父の顔栃原 輝昭
ストレスを干す休日の日向ボコ廣島 英一

『自由』   石川 雅子選
報道をしない自由で世を騙す栃原 輝昭
芸術の魂縛るものが無い織田 順子
うれしい日悲しい日父ひとり酒米島 暁子
しがらみも張り合いも無いシャボン玉栃原 輝昭
自由人孤独と対話して生きる恵利 菊江
延命をしないと決めて楽に生き三田地輝憶
オレ流に凝るドングリの心意気中島 一甫
天皇様とても御退位所望され及川竜太郎

『ローン』   堀井 勉選
借り入れへ裸にされる氏素性守屋不二夫
律儀ですローン返済してあの世江崎 紫峰
ローンだけ残し津波が呑んだ家渡邊俊太郎
親の脛ローン組む度呼び出され小林 洋子

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る