川柳人協会

川柳文化祭1部(平成22年11月)
『蹴る』   田中八洲志選
進学の夢を拒否する低所得篠原智恵子
捨て扶持を蹴りサムライの顔になる上村  脩
蹴鞠かも知れぬぞサッカーのルーツ安藤 紀楽
一票の恩を忘れたマニフエスト森崎 清三
耐性菌ヒト科のエゴへキックオフ布施 ちえ
逆転のロングシュートが神になる原  光生
蹴落とした先でライバル仁王立ち井上 東風
黄金の足から億を叩き出す秋山 茂子

『子ども』   石川とく江選
子はいつか親の遮断機超えてゆき西潟賢一郎
母さんの死角が好きな反抗期岩瀬 恵子
ページ毎夢が膨らむ母子手帳川名 信政
いたいけな命は親を選べない秋山 茂子
少子化の子等は神の子お国の子米島 暁子
真っ青な空を子供は画布にする篠田 東星
宝にも重荷にもなる子を育て森崎 清三
逆境に育ちガッツな風になる遠藤砂都市

『竿』   篠田 東星選
戯画一つ竿に吊して酒に酔う潮田 春雄
日の丸を結ぶと生きた竿になる西潟賢一郎
偽善者の仮面が竿に干しきれぬ廣島 英一
赤ちゃんがいるよと竿が誇らしげ加藤ゆみ子
竿磨くたびに釣果を太らせる上村  脩
旗竿に乗ると日の丸上機嫌潮田 春雄
ペテン師の竿が疑似餌をおどらせる岡部 美雄
燃え尽きるまで旗竿を振る正義篠崎 紀子

『辛抱』   阿部  勲選
石の上三年時に置いてかれ河合 成近
初心者の指導忍耐強くなる小山しげ幸
蒸発をしたい日もあるマスオさん安藤 紀楽
九条が喧嘩は駄目と言っている小倉 利江
国会の喜劇笑いを我慢する森崎 清三
平成のおしん不況が飼育する小倉 利江
老いの樹の細さ弱さを飼い馴らす小林 良恵
座禅終え五欲がどっと沸いて出る廣島 英一

『澄む』   米島 暁子選
満天の星にロマンが澄み渡る篠崎 紀子
森へ来て透明感を吸い上げる潮田 春雄
ライバルの澄んだ瞳に救われる藤 あかね
よく澄んだ乳房を含む天使の瞳岡部 美雄
澄んだ目で写経の筆へ正座する岩田 笑酔
澄む川に心の憂さを笑われる上村  脩
いい奴で心に濁りなどはない杉山 太郎
献体と書く遺言へ空が澄み小倉 利江

『税』   堀井  勉選
ご破算で年金からもむしる税廣島 英一
物納の土地が市民の森に化け堀江 加代
税金をちゃんと払ってから言って斉藤 弘美
稼ぐほど脱税したくなるらしい徳田 正幸
金持ちになると税金出し渋る長谷川路水
天引きにすれば税金よく落ちる藤本 幸雄
脱税が申告漏れと変わる闇篠崎 紀子
税金にストローを差す天下り原  光生

『素朴』   竹本瓢太郎選
のり弁へ昭和の味を染みこませ五十嵐淳隆
冬至の日母はやっぱりカボチャ煮る近江あきら
里山に生きてブレない飯茶碗荻原美和子
妻だけを愛し男の第二章永井 静佳
我が儘な自給自足へ満たされる花井ようこ
ひらがなで書く母の字があたたかい木崎 栄昇
無骨さが父の背中に貼ってある上田 健太
終章は妻の手を取り懺悔する米島 暁子

『旅』   北山 蕗子選
四コマの先は気楽な独り旅五十嵐淳隆
幻の地酒と出会う気まま旅いしがみ鉄
パノラマの地図が呼んでる旅ごころ大戸 和興
望郷の念やみ難い北帰行増田 幸一
山頭火真似て弊衣の旅しぐれ廣島 英一
故郷へ心の鍵を開けに行く川名 信政
海鳴りを終点で聴く北の旅古市紗千子
ローカルの旅円空に出逢う秋松岡恵美子

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る