川柳人協会

花久忌(平成22年5月)
『旗』   川俣 秀夫選
万国旗図鑑に載らぬ旗もある西潟賢一郎
どん底で一旗揚げる策を練る亀井  哲
漁夫の利へ反旗をたたむ馬の骨上村  脩
逆風に晒すと旗がしゃんとする上村  脩
旗色を訊きに踏み絵がやってくる阿倍  勲
戦など知らぬ園児の万国旗野口 節子
旗色のいいほうへ付く無重力西潟賢一郎
勝利者の旗に群がる氏素性相良 博鳳

『慰める』   都倉 靖子選
熱燗が明日を天気にしてくれる中島 宏孝
寄せ書きの文字が励ます闘病記西潟賢一郎
ユーモアの魔術で癒す孫のキズ中島 一甫
気遣って即かず離れず居てくれる刑部 仙太
慰めの語彙屈辱の傷を舐め上田 健太
失敗に触れずやる気を褒めてやり中西 隆雄
説教の結び目に置く人情味川俣 秀夫
挫折した心のパズル埋める愛廣島 英一

『曲折』   國嶋  武選
百歳の顔に轍が刻まれる村田 倫也
結局は鞘に納まるくされ縁亀井  哲
落日の驕り悔いてる今がある丸山しげる
棚を絶って家裁の判一つ伊藤 縁太
左遷地へ靴もジグザグ描いている西潟賢一郎
五里霧中直線のない地図を抱き西潟賢一郎
和解するまでの苦労は語らない川俣 秀夫
五線譜に右往左往の人生譜相良 敬泉

『偶像』   いしがみ 鉄選
キユーピー讃歌私もうじきママになる西潟賢一郎
胸像と社訓が睨む社長室亀井  哲
社の飛躍そっと見守る像ひとつ生井 芳夫
ビーナスの裸身に春が舞い降りる都倉 靖子
御仏の慈悲唯物論も老い河合 成近
おびんずるぐらいの神が丁度いい河合 成近
偶像を砕き少年脱皮する篠田 東星
公平に観音様が慈悲を垂れ新井 良夫

『刻む』   津田  暹選
過ちを酒で刻んで酒で縫い篠崎 紀子
生傷の絶えぬゴムの木かわいそう刑部 仙太
息継ぎの隙間で喜劇組み立てる相良 敬泉
シュレッダートヨタトヨタが騒がしい渡辺  梢
脈拍のリズム確かな回復期中西 隆雄
うしろ指ボクが切り刻まれている西潟賢一郎
負け犬の野望は鉈で切り刻む川俣 秀夫
職人の鑿ナノテクを気にしない上村  脩

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る