川柳人協会

川柳文化祭1部(平成20年11月)
『目立つ』   鈴木 国松選
サイレンの効なく走る医師不足阿部闘句郎
ふっくらと愛を抱いてるマタニティー木崎 栄昇
脚光を浴び人間が好きになり伊藤 英龍
平凡のようで際立つ燻し銀金澤 文夫
落選をするとプライドまでくずれ西潟賢一郎
外資系ばかりが目立つ一等地荻原美和子
ブランドの街で清楚が振り向かれ河合 成近
白い物目立ち始めて父を知り中島 かよ

『脆い』   岩田 笑酔選
チャンピオンガラスの顎を持っていたいしがみ鉄
口の泡やはりリンゴは青かった田島 世四
デパ地下で今夜の孤独買いに行く松岡恵美子
ストレスに脆い男の裁ち鋏木崎 栄昇
辛抱という日本語が薄くなる中島 和子
一匹の蜂が崩したマスゲーム亀井  哲
ひと一人白い巨塔が救えない渡辺  梢
妻に城子に城父に父がない内田 甲柳

『謎』   金子美知子選
何がなんだかアヤフナな娑婆である山口安次郎
母の愛謎の国でも立ち向かう高橋里江子
早業の鍵屋前歴気にかかる前田 星世
奇特なる人だピエロになりたがる緒方 一雄
年金がまた疑問符を積み上げる渡辺 貞勇
何かあるボスのジョークがぎこちない久保田見乗
アピールをする静止画の北のドン竹内田三子
人生の終着誰れも分からない藤原 栄子

『デジタル』   佐藤 美文選
デジカメを消して短い恋終わる佐藤 孔亮
ピクセルの中で喜劇を膨らます相良 博鳳
ダンボールハウスで地デジ見ています佐藤 孔亮
デジカメが巧みに掴むスキャンダル竹田 光柳
老優のアップ地デジに吊される伊藤 英龍
僕という理想を羅列するブログ横田輪加造
テロップで知る総裁の辞任劇篠田 東星
デジタルという悪役に苦闘する遠藤砂都市

『早耳』   太田ヒロ子選
抜群の鮮度を誇る壁の耳内田 甲柳
八方に布石しておく地獄耳坂野 照明
アンテナを高く上げてるパパラッチ木崎 栄昇
早耳の踵の減りを見ましたか大木 俊秀
衛星に世界の秘密拾われる小泉 正巳
雑兵の耳はいつでもスタンバイ井上 東風
ブログもう知ってる今日のボクのこと津田  暹
情報の早い耳から鳥になる佐藤 幸子

『もたもた』   齊藤由紀子選
改革は掛け声だけのシャボン玉近江あきら
マザコンのなかなか取れぬしつけ糸小西 章雄
いい訳のシナリオ舌を重くする田久保 力
討ち死にも出来ず耐えてる腐れ縁小金沢綏子
ドンファンになれず小声のセレナーデ今井ゆずる
成果主義亀のテンポが叱られる大野 征子
立ち泳ぎだけで進まぬ拉致の海近江あきら
ワーキングプアへ政治が遅刻する阿部  勲

『変化』   竹本瓢太郎選
ヒーローの顔を時代が作り変え守屋不二夫
福袋金の卵がくさってた原  光生
泣いて笑ってしたたかな妻となり秋山 茂子
告発のペンが立場を裏返す小金沢綏子
人脈のパイプが太る絶頂期堀江 加代
嫁が来て父の居場所を温くする秋山 茂子
生き様を塗り替えてゆく独り旅西潟賢一郎
覇者の地図変わり常識また変わり山口 早苗

『安い』   岡部 美雄選
汗かかぬ自伝に人間が軽い篠崎 紀子
青畳ぐらい女が取り替える中島 和子
アメ玉をひとつ狙った椅子をとる國嶋  武
夜逃げする家を捨て値で拾い上げ中島 かよ
造反へ二つ返事を弾ませる上村  脩
値切られた亭主の首が浮く書斎亀井  哲
価値のない命と知った補償金木崎 栄昇
アルミ貨で木偶のメッキを買い叩く西潟賢一郎

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る