川柳人協会

可有忌(平成20年5月)
『あっさり』   近江 あきら選
もめ事もなくザル法は可決され馬目さだお
退屈をしている順に切り捨てる佐藤 幸子
花道にのると優しい鬼になる西潟賢一郎
風止んでさっぱり過去を捨てて立つ潮田 春雄
反抗期想定外のバーを越え國嶋  武
黒幕のドンが見限る使い捨て中島 和子
身に覚えあって音符の並べ替え和泉あかり
策謀の蜥蜴シッポを振り捨てる門馬 えみ

『裏』   いしがみ 鉄選
台所から覗く日本がキナ臭い加藤 品子
日光月光裏も光っている菩薩津田  暹
見る角度変えて正義の裏を読む荻原美和子
栄光の裏に涙も重ねた日近江あきら
逆風に耐えた昭和の足の裏小倉 利江
B面の苦労は言わぬトップの座齊藤由紀子
ピカソの絵裏にまします超美人河合 成近
葉桜の裏で失恋記を綴る相良 博鳳

『軽い』   岩瀬 恵子選
軽薄な男の舌が良く滑る花道 歌子
プライドを軽くカリスマもてあそび竹田 光柳
人望の軽い男が吠えたがり竹田 光柳
虚を衝けばたじろぐ軽い倫理観荻原美和子
しがらみがとれれば軽いハイヒール榊原 南山
父の座が風に揺れてる定年後安藤 波瑠
背伸びして掴んだ運は軽かった佐藤 幸子
三本判気楽なかおを持っている中島 和子

『元気』   相良 博鳳選
百薬の長に寿命を支えられ中島 和子
弟子にまだ歳は見せない舞扇田中八洲志
後期高齢人間を捨ててない齊藤由紀子
逆風の日にも耐え抜く足がある近江あきら
空を切るパンチ無敵をほめそやし川崎 達海
北風に男の彫りが深くなる小林 良恵
火祭りへ若い臓器が破裂する潮田 春雄
何食わぬ顔で生きてる外来種中島 和子

『色』   中島 和子選
保護色という色をきる処世術井上 東風
色の無い手綱に老後縛られる成田 孤舟
万色を極めて黒は動じない長野建八郎
色っぽい女の道は舗装され安藤 波瑠
原色を着るもう妥協などしない島田 駱舟
純白はないアダルトな絵の具皿阿部  勲
少年に白い逃げ場を用意する久保田見乗
ふるさとの色になるまで米を研ぐ西潟賢一郎

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る