川柳人協会

川柳忌(令和元年9月)
『飾 る』   栃原 輝昭 選
交差点無念の花が飾られる松原 雪子
自分史の末尾金粉振りかける篠田 東星
胸襟を開けば消える修飾語上田 健太
AIが努力を飾り物にする堀井  勉
一代記数多の友と飾り合い渡  電光
カリスマのめっきは錆びぬ間に剥がれ福井  勲
仏壇に軍服を着た父が居る渡  電光
親の愛叱る言葉は飾らない米島 暁子

『脇』   織田 和子 選
バンザイをして無防備な脇の下川上 はな
定年後刺身のツマでいる気楽荻原美和子
年金の脇から落ちた二千万吉野 芳雄
合鍵を作り脇からすべり込む永井 静佳
釈迦像の脇で静かなざんげ録西潟賢一郎
側にいて余分なものを背負わされ和泉あかり
脇道に生き人情を機徴を知り新谷みのり
敏腕な脇が組織を崩さない中島 和子

『安 い』   芦田 鈴美 選
安売りの墓安眠はできますか橋倉久美子
ドトールの気楽へちょっと寄ってみる安藤 紀楽
年金で安い未来を抱かされる伊藤三十六
誉めことば一つでグラフ右上がり照沼  智
私をお安く治すジェネリック毛利 由美
ニュースソース安く売りますショータイム新谷みのり
メイドインチャイナと妥協する財布江畑 哲男
銀座より浅草が合う老いの恋石川 雅子

『鳴 く』   山口 早苗 選
肝臓の悲鳴白旗かも知れぬー上田 健太
見えぬけど鳴かぬけど居る青い鳥權守いくを
宮仕え鳴かぬホタルを演じ切る永井 静佳
電飾の街八日目の蝉が鳴く上村  脩
太棹が鳴く人形がシャンと立つ新井千恵子
一生を鳴かず飛ばずのシャボン玉廣島 英一
鳴き切って空蝉となる街の底上村  脩
折り紙の鶴も鳴きたい闇の底新谷みのり

『疑 問』   國嶋  武 選
相像がどんどん太る核疑惑荻原美和子
疑問符が残る賞譖ばかりする新井千恵子
真実の告白という嘘っ八願法みつる
一強にハテナマークが纏い付く織田 和子
疑いの目から生まれる新技術岡田 秀夫
疑問符を抱いて原子炉炎えつづけ西潟賢一郎
要職で過去の疑惑が浮き上がる大矢  敦
独裁の壁は疑問符から崩れ三上 武彦
ページのトップへ戻る