川柳人協会

川柳忌(令和2年9月)
『合同』   江畑 哲男 選
君が居てくれて私の今がある宮本彩太郎
同窓会一貫校が馴染まない洲戸行々子
合同に見知らぬ美女が罷り出る柿添 花子
一党二制度めいて野党の数合わせ河合 成近
合同の墓でお袋眠れるかいとうみきお
合鍵を持ち合う仲にやっとなる宮下  勲
民主党足して割っても民主党佐藤 孔亮
産学協同ハイテクが磨かれる上村  脩

『量』   渋川 渓舟 選
酒少しだけでほろ酔いするわたし柳 るみ子
交渉の相手を量る軽いジャブ加藤 佳子
不器用な系譜愚直な汗を積む前島 滋朗
決断の時に度量が試される林  俊雄
悲しみを受け止めきれぬ雨量計真島久美子
手の平に載せるくらいの幸がいい石川二三男
足し算に引き算混ぜる子の躾け今村 龍助
極楽を浮遊している二合半伊藤 我流

『研究』   竹田 光柳 選
町工場ロケット浮かす奇策練る願法みのる
ワクチンの治験へ成果待ち焦がれ上野さざ音
デジタル化歴史の謎を解き明かす上村  脩
ワクチンに行き着くまでの遠い道佐道  正
ゆるぎない心が明日をこじ開ける今村 龍助
ワクチンの成功を待つ世界の眼山本 晋也
コロナ禍に成果待たれる予防薬瀬戸れい子
科学の日神の摂理を覗き込む南川 哲夫

『担ぐ』    大野 征子 選
えっさほいさ担ぐ派閥の下心いしがみ鉄
担がれた天狗の鼻が反り返る上村  脩
弁天の縁起担いで銭洗う宮下  勲
担い手は輸入に頼る介護職三上 武彦
縁起いいヒゲを勝利者まだ剃らず西潟賢一郎
無派閥を派閥の力学が担ぐ大竹  洋
ほめ殺しシャッポは軽い方がいい江畑 哲男
烏啼き出足鈍らす験担ぎ和泉あかり

『結う』   福井  勲 選
被災地と心を繋ぐボランティア上田 健太
番付けの速さを髷が追いかける大竹  洋
菅笠をしかと結わえて組む派閥五十嵐淳隆
コロナ世代同期を何で縛ろうか江畑 哲男
愛憎を綯って夫婦という絆渋川 渓舟
癌癒えて黒髪もどり手には櫛栃原 輝昭
徘徊の父を涙で結えつけ三上 武彦
一言の咀嚼へ忖度が動く國嶋  武

協会秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る