川柳人協会

川柳文化祭1部(平成23年11月)
『大胆』   西潟賢一郎選
自己チューガネットで煽るクーデター國嶋  武
花道を張り子の虎に乗ってくる大野 征子
大げさに生きて人間らしくなる米島 暁子
原色の街闊歩するノーメーク篠崎 紀子
独裁の終焉呼びかける狼煙篠田 東星
善人とエンマの前で言ってのけ岡部 美雄
秋深し少し淫らでいい塒佐藤 幸子
辞表手に立って天下を俯瞰する篠田 東星

『チャンス』   佐藤 美文選
今日佳き日皆に等しくあるチャンス石川 雅子
キャンパスが待つ紅葉の真っ盛り久郷せつ子
薬玉が弾けチャンスが舞い降りる北山 蕗子
泰然として釣竿がチャンス待つ竹田 圭子
ライバルの呼吸を計る勝負どこ篠田 東星
最後には笑う点取り虫に賭け木崎 栄昇
行く先も聞かずカボチャの馬車に乗り河合 成近
人肌の燗へ機会を狙ってる長尾 美和

『月』   小金沢綏子選
朧月女は肩を寄せたがる篠田 東星
太陽はあなた生涯月満ちる國嶋  武
名月の昨日の嘘が悔やまれる廣島 英一
満月の完璧過ぎる孤独感秋山 茂子
月だって平和な世界照らしたい富岡 桂子
月に吼え月に哭いてる挑戦者野口 節子
月欠けて満ちてゆっくり喪が明ける秋山 茂子
鎮魂の海へ満月の慈愛竹田 光柳

『抵抗』   齊藤由紀子選
親の敷くレール逆走したくなる阿部  勲
抵抗もここまでアメが溶けてくる和泉あかり
独裁にネット社会が立ち上がる山本八千代
校則を蹴り上げている鼻ピアス北山 蕗子
引力がプチ整形を嘲笑う洲戸行々子
風評に負けぬ大地を掴む足岡部 美雄
反骨の蟻正論を譲れない宮内みの里
文庫本タッチパネルのページ蹴る渡辺  梢

『盗る』   金子美知子選
盗れそうで盗れぬ師匠の芸の味廣島 英一
盗み書きした答案の誤字脱字刑部 鬼子
しあわせを盗られた海とまた生きる宮内みの里
盗った事よりどじ悔いる塀の中岡部 美雄
都市砂漠花盗人も居なくなり緒方 格子
柿たわわ盗る人いない過疎の村古田 美雄
さっと風笑顔盗んでそれっきり中島 かよ
平成の鼠小僧を待っている川崎 信彰

『波』   植木 利衛選
円高を逆手にとって波に乗る葭田 忠正
ウエーブで祝う逆転ホームラン小倉 利江
荒波に揉まれひと皮むけてくる佐藤 頼昭
安らぎの首が湯船の波に浮く近江あきら
有頂天天狗が波にのって来る亀井  哲
ハイテクの波に溺れるメカ音痴広田 悦子
ホコ天のアキバが戻る人の波中島 和子
戦争の道へ続いた旗の波堀井  勉

『人形』   竹本瓢太郎選
ピノキオの鼻は人間へのジョーク三浦  憩
人形にされてたまるか成果主義小金沢綏子
名人の指人形に喜怒がある金子美知子
背信の夜を人形の目に射られ篠田 東星
怨念を藁人形に叩き込む秋山 茂子
肩書きを付けると木偶が踊り出す阿部  勲
愛憎へ藁人形を弄ぶ上村  脩
朝が来るマリオネットが背広着る近江あきら

『塗る』   上村  脩選
保護色を塗って乱世を生き延びる五十嵐 修
塗り潰す過去を冷たい風が剥ぐ渋川 渓舟
白地図に野心をそっと塗っておく北山 蕗子
塗り込めた恥に修正液がない村田 倫也
厚化粧やっと女になって来る不 呼 名
母の日の母クレヨンに正される太田紀伊子
嘘一つ隠した嘘を塗り潰す洲戸行々子
人は嘘つき白く塗り黒く塗り安藤 波瑠

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る