川柳人協会

川柳忌(平成27年9月)
『活発』   米島 暁子選
ポジティブでフットワークの良い笑顔大野 征子
カリスマが過疎へ活気を連れてくる上村  脩
ステーキの力をもらう元気力國嶋  武
何事も積極的でいい歩幅若月  葉
やがて来る冬へ炎暑の蟻になる篠﨑 紀子
同権を越えて女の毬弾む井上 東風
健康のためだ夫を尻に敷く願法みつる
ブランドをマリに弾んだ銀座裏西潟賢一郎

『楽園』    安藤 紀楽選
楽園にやっぱり酒は欠かせない佐藤 俊亮
手入れせぬ庭虫達を喜ばせ津田  暹
お昼寝をしよう夫が帰るまで加藤ゆみ子
セールがやっと見つけた喫煙所原  光生
あるがままの私になれる胡瓜もみ石川 雅子
引退の名馬に寛ぎの山河中島 和子
楽園のホームにあった別の顏荻原美和子
妻と居る茶の間でぼくは生きのびる永井 静佳

『いざこざ』   大野 征子選
不用意な舌が切られるツイッター守屋不二夫
哲学を謳い上司に叩かれる西潟賢一郎
正論へ自己主張するキリギリス米島 暁子
美容外科希望の造作で揉める中島 和子
揉めごとを食べてマスコミ活性化竹田 光柳
エンブレム歪んだ風が吹き続く篠﨑 紀子
甲乙が読む約款の虫メガネ篠田 東星
火消し壺ひっくり返す中韓露原  光生

『背伸び』   石川 雅子選
小説を読むちょっとだけ背伸びして岩堀 洋子
背伸びして取った資格で食えている大矢  敦
背伸びして空をつかんだ割烹着原  光生
背伸びした帽子は風の的になる篠﨑 紀子
凡才の背伸びが負った大火傷上田 健太
背伸びして銃を撃ってる砂漠の子洲戸行々子
良妻賢母毎日鉛のみつづけ原  光生
他人の手借りぬ介護の痩せ我慢堀江 加代

『律儀』   堀井  勉選
爪に火を点せど義理は欠かさない小倉 利江
下戸ながら三次会までお付き合い洲戸行々子
肉筆の賀状欠かさぬ友一人岡田 秀夫
日に一個約束事のように産み福井  勲
マイナンバーお国が僕を忘れない阿部  勲
五十年未だに妻の口答え加藤孤太郎
花嫁に祝辞の嘘を詫びている西潟賢一郎
半世紀会わず続けている賀状大矢  敦

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る