川柳人協会

花久忌(平成20年5月)
『矢張り』   西潟 賢一郎選
虎の子が利息に惹かれ行ったきり岩瀬 恵子
絵に描いた餅で終わった飾り棚潮田 春雄
合併へゾウキン掛けを買って出る和泉あかり
騙し絵の裏に議員の主義主張大野 征子
灰汁のない話で終わる紙コップ齊藤由紀子
玉の輿針の筵が待ち受ける亀井  哲
辻褄を合わせて座る貴賓席相良 博鳳
札束に乗り御機嫌な鬼になる篠崎 紀子

『癖』   米島 暁子選
ラブレター下手な癖字も愛おしい小金沢綏子
お互いの癖には触れぬ夫婦箸岡部 定雄
ロボットの癖も見抜けるプロの自負竹田 光柳
人間の癖をロボット真似ている相良 博鳳
胸を張る癖がなんでも任される渡辺  梢
七癖も愛して妻の半世紀竹内 祝子
並び癖長蛇の列にいる安堵和泉あかり
勝ってても負けても化粧する女榊原 南山

『負ける』   安藤 紀楽選
風に舞う馬券に欲を嗤われる齊藤由紀子
負けた日の影は特別長くなる潮田 春雄
日の丸に負け癖がある大相撲阿部  勲
始めから負けてケンカを避けている黒崎 和夫
猛将の涙花粉に負けている河合 成近
投了図無念の文字が浮いている亀井  哲
スランプに負けると風邪をひきやすい西潟賢一郎
言い負けて今日一日は独り者古田 美雄

『熱い』   小金沢 綏子選
正論を握る拳が熱くなる西潟賢一郎
実直な父で瞬間湯沸かし器相良 敬泉
熱望をされても嫌なものはイヤ丸山しげる
国会へガソリン税が火をつける阿部  勲
諍いをメディアが熱く書き立てる黒崎 和夫
内部告発人間の血が滾る齊藤由紀子
熱血に触れて少年A脱皮河合 成近
救出へ涙は熱いものとなる安藤 紀楽

『混む』   島田 駱舟選
警官も来て留置所に空きがない阿部  勲
行列は覚悟旨いものは旨い中島 一甫
高速は便秘光りが流れない齊藤由紀子
ミシュランが来なくたってもうちは混む山本 桂馬
こみ入った事情は知らず行くメロン野口 節子
混んでいる病院にある安堵感伊藤三十六
そうでない人で混んでる美人の湯中島 宏孝
刑務所が大渋滞の中にある亀井  哲

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る