川柳人協会

花久忌(平成21年5月)
『好き』   津田  暹選
居酒屋の喧噪が好き煙が好き上田 健太
イエスウイキャンカリスマが染める色中島 一甫
スマイルが好きでスマイル心掛け岡部 定雄
ヒッチコック好きで疑い深くなる西潟賢一郎
物好きでノーベル賞に辿り着く荻原美和子
好きなだけ食べろと言ってくれた芋松田 重信
花畑アイラブユーが跳ねている西潟賢一郎
酸欠の街に自己愛たむろする小金沢綏子

『おやおや』   安藤 波瑠選
日本語の怪しい人で日本人五十嵐 修
儲け主義産地偽装が連鎖する小金沢綏子
花嫁の道具にかくすブーメラン三浦 正明
就活に負け婚活へダッシュする齊藤由紀子
ケータイは私を探す迷子札潮田 春雄
双六の上がりを知らぬ天下り佐藤 美文
顕示欲またワタクシを売りに来る齊藤由紀子
気がつけば喜劇の主役だったボク五十嵐 修

『声』   五十嵐 修選
難問は声なき声を聴けという渡辺 孝雄
肉声が凍てつく北へ届かない荻原美和子
モナリザはハスキーボイスかも知れぬ近江あきら
派遣社員が放つムンクの叫び声宮内みの里
移植待つ臓器届いた神の声野口 節子
母さんが喋ると天の声になる小金沢綏子
駄菓子屋に昭和の声が谺する川俣 秀夫
音域が合わないままに鶴と亀渡辺  梢

『結ぶ』   花井 ようこ選
慰謝料で結び目を解く赤い糸阿部  勲
帯きりりネオンの海で戦する大野 征子
宿敵と契りを交わす水面下及川竜太郎
挙げかけて握ったコブシ弄ぶ松田 重信
核で手を結び平和が築けない竹田 光柳
塩むすび母の小言を噛み締める宮内みの里
不器用な結び目嘘を嫌い抜く齊藤由紀子
しあわせはまだ結び目に母がいる小金沢綏子

『明日』   篠田 東星選
二万円ぽっちで明日は売りません中島 宏孝
来る人が来て盛り上がる前夜祭川俣 秀夫
カリスマの舌が明日を弄ぶ中島 一甫
介護する明日は我が身といい聞かせ米島 暁子
屑篭に試行錯誤の明日がある野口 節子
まっさらの明日に目鼻書いてみる菊池 可津
正論を吐くと明日が逃げて行く小金沢綏子
勝ち組みは明日の行進曲を聞く近江あきら

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る