川柳人協会

川柳忌(平成30年9月)
『鮮やか』   尾藤 川柳選
親指であっという間に詫びの文橋本 勝三
片刃でも絶賛される二刀流津田  暹
なぜだろう記憶に新しい昔毛利 由美
主のない庭踊らせる花の舞い藤 あかね
シャガールの青空駄馬も憧れる小倉 利江
二人からまた独りへくっきりと時代たむらあきこ
暗転の鮮やかそれからの独りたむらあきこ
喝采の日の続きにあざやかな句点たむらあきこ

『突然』   白子しげる選
運命の道迷わせていく惨事藤 あかね
いきなりの辞表に揺れる会議室石川 川柳
アドリブが受けて生まれたニュースター竹田 光柳
歌姫の幕引き笑顔忘れない大矢 和子
死神が来る予告編など告げず西潟賢一郎
惨劇は突然普通の日が消える山口由利子
反抗期徐行もせずに切るカーブ栗林むつみ
急襲の刃へ予知もせぬ職務及川竜太郎

『出会う』   金子美知子選
捨て猫と目と目が合って連れ帰る松原 幸子
来し方の絵巻と出会う写真帖渡辺  梢
通り雨粋な出会いを置いてゆく上村  脩
ためらっている間に出会い逃げてゆく吉富  廣
古寺で五百羅漢の父と会う江崎 紫峰
時空越え父母と会う曼珠沙華平  宗星
妥協して出会った君と五十年米島 暁子
ご対面十月十日を守り抜き斎藤 弘美

『めきめき』   篠﨑 紀子選
ロボットの進化ヒト科が枯れてゆく上村 健司
温暖化地球の四季も減っていく大野 征子
ふっ切れてから才能が群を抜く上村  脩
塾の灯が力をつける個人主義西潟賢一郎
真打になって一皮剥けた芸廣島 英一
点滴の雫へ命光りだす渋川 渓舟
汚れ役演じ主役へかけ上がる上村  脩
父の絵をみんな破いて子が育つ山口 早苗

『含む』   津田  暹選
梅干しを口にニッポン人の顔西潟賢一郎
一強の含み笑いが止まらない渡辺  梢
トリチウム含んだ水の行きどころ堀井  勉
昇進の祝勝会に混じるユダ上田 健太
消費税込みで産まれて死んでいく山口 早苗
語らざる仏像の眼にある憂い藤森 吟二
ビタミンを含む忠告ありがとう西潟賢一郎
ぼろぼろの翼で妻と子を包む篠﨑 紀子

協会秀句

平成31年度の秀句


平成28年以前の入選作品は近日中にUPの予定です。
しばらくお待ちください。


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る