川柳人協会

花久忌(平成25年5月)
『鼻』   瀬戸 一石選
昇進がまたピノキオの鼻にする上田 健太
鼻ピアスとても牛にはかなわない亀井  哲
両方の鼻を削って妥協案大矢  敦
鼻の利く犬が社内を闊歩する新井 良夫
鼻たれも餓鬼大将も消した街生井 芳夫
鼻の差へ雑魚が揉み手をする出世上村  脩
バランスが欠けてしまった隆鼻術荒巻  睦
整形の鼻は季節に遠くいる西潟賢一郎

『長い』   國嶋  武選
冷戦にピリオド打てぬ嫁姑中西 隆雄
定年後余生は軽い靴を履く本阿弥光敬
イントロの長さに迷う成果主義潮田 春雄
太陽を掴む気でいる豆の蔓西潟賢一郎
冤罪の勝訴を決めて預金ゼロ大河原信昭
女房は昔々をチクリ言う瀬戸 一石
独裁のラッパに句読点がない宮内みの里
恍惚の童話が続くケアハウス西潟賢一郎

『記憶』   安藤 紀楽選
ケータイの指があなたを忘れない篠田 東星
朝めしを食べた記憶は確かめる亀井  哲
振り向けば罪の記憶も二つ三つ島津 富弥
生き恥は記憶の底に溜めておく島根 勝利
記憶力萎えて執念だけ残り久郷せつ子
亡き友が母校の窓に生きている黒崎 和夫
老いてなお甘い記憶を食べている篠崎 紀子
度忘れも神の配慮と受けとめる竹田 光柳

『渦』   齊藤由紀子選
倦怠期律儀な渦でやって来る永井 静佳
民族の渦が地球を暗くする大河原信昭
銀河系星の渦には夢がある佐藤 鴻司
狂ってる音符で春の渦にいる米島 暁子
偏屈と言われ納得するつむじ野口 節子
ケータイの渦で孤独な待ち惚け原  光生
母と妻速度の違う自転する永井 静佳
名庭の渦哲学を語らせる宮内みの里

『逆転』   島田  駱舟選
窮屈なこの世をちょっと股のぞき懽守いくを
採決へ大義忘れた横車中島 一甫
根回しを崩す諭吉に喋らせる齊藤由紀子
高裁へ最高裁が頭突きする荒巻  睦
チャンス到来ジョーカーが姦しい廣島 英一
砂時計くるり初心を忘れない本阿弥光敬
やっとこさ最高裁に神がいた松田 重信
有頂天リップサービスしてこける竹田 光柳

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る