川柳人協会

花久忌(平成24年5月)
『母』   大木 俊秀選
七人の敵より恐い母である堀江 加代
骨壺の小さな闇に母が住む戸田美佐緒
沢庵の石にふあっと母がいる松田 重信
母のハグみんな良い子に育て上げ永井 静佳
たんぽぽの綿毛私も母になる齊藤由紀子
臍の緒の桐箱がある母の部屋願法みつる
糠床に母の手形が押してある杉山 太郎
耐えるときひとり鬼灯鳴らす母増田 幸一

『斜め』   竹田 光柳選
神頼み下げる頭が深くなる齊藤由紀子
男坂やっと登って春迎え州戸行々子
小企業TPPへ斜に構え宮内みの里
大臣の茶番が民を斜視にする小倉 利江
戸籍簿に斜線を入れて今孤独上田 健太
斜めから支え合っては人は生き古田 美雄
核兵器世界平和に斜線引く西潟賢一郎
ニッポンを斜陽の国にした政治亀井 洋司

『気楽』   いしがみ 鉄選
悪友に会う少年の顔になる小倉 利江
思春期の部屋は自由を謳歌する篠崎 紀子
人知れず咲いて野の花自然体小倉 利江
ロボットを大将にする長寿村原  光生
騙されていよう本音は知っている新井千恵子
悪女など演じて今日も良い気分新井千恵子
野生味も知らずおねだりするゴリラ願法みつる
勝算があって道化を引き受ける上村  脩

『移る』   阿部 勲選
普天間に紆余曲折の先がない河合 成近
何処へどう居を移しても震源地長野健八郎
移り気を櫟る春のウインドー小倉 利江
陣笠の嗅覚傘を取りかえる原  光生
パーティーで媚び売りまくる立ち泳ぎ中島 一甫
サーカスのように地下鉄乗り換える願法みつる
街の色昭和もすでにセピア色亀井  哲
モナリザも春は額縁抜けたがる増田 幸一

『牙』   中西 隆雄選
海に線引いて牙向く国のエゴ野口 節子
論戦を控えて隠す鬼の牙大河原信昭
禅譲の果て風化する木偶の牙上村  脩
老害を歯牙にも掛けぬ独裁者上田 健太
捨て石がじっと我慢の牙を研ぐ井上 東風
愛憎の狭間で疼く糸切り歯上村  脩
老残の獅子は虚しき牙で吠え西潟賢一郎
騙し絵の街に転がる鬼の牙上村  脩

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る