川柳人協会

可有忌(平成28年5月)
『豪華』   渋川 渓舟選
襲名の披露梨園の勢揃い篠田 東星
上総掘り砂漠で風呂に入れそう福井  勲
横綱に立つご祝儀に幟旗小倉 利江
晩餐会プレタポルテが覇を競う宮内みの里
特等は宇宙旅行と予約とり竹田 光柳
ミシュランが星なら母の味は月權守いくを
国宝が脇を固める初舞台原  光生
美食会月を詩にして蟹と酒石川 雅子

『リリーフ』   小倉 利江選
瀬戸際の命ドナーが拾い上げ守屋不二夫
遭難の無茶へ天使のヘリが飛び荻原美和子
リリーフが尽きてロボット欲しくなる大野 征子
救援へiPSはまだベンチ原  光生
被災地へ両手両足さしのべる國嶋  武
代理から表彰受けている代理篠田 東星
リリーフはだぁーれもいない老介護原  光生
究極のリリーフ役は諭吉様大矢  敦

『堅実』   江崎 紫峰選
妻以外触れた事ない不粋な手權守いくを
借金も手形も知らぬ古時計大竹  洋
五円だけ安い玉子へ遠回り佐藤 孔亮
スカウトの目線大器をゲットする木崎 栄昇
冤罪の阻止へ証拠となる可視化宮内みの里
頂点へ亀の歩幅で這い上がる上村  脩
乗り換えはせぬガラケーで良しとする三上 武彦
全力で褒めて叱った強い母石川 雅子

『紙』   佐藤 孔亮選
もみ消しへ満腹となるシュレッダー原  光生
結納の墨が匂ってくる奉書西潟賢一郎
物納の紙裏門に貼りつける大竹  洋
たとう紙の母の季節が畳まれる渋川 渓舟
立ち上がる者に優しい紙コップ加藤ゆみ子
捨て印を押すと白紙は喋り出す井上 東風
再生紙どこかでお会いしましたか福井  勲
一枚の紙が他人にしてくれる亀井  哲

『由緒』   田中 八洲志選
由緒書なるほど牛に見える石佐藤 孔亮
亡びなきドラマ七堂伽藍の美廣島 英一
古文書を解いて系図を陽に当てる荻原美和子
過去帳に貰う先祖の息遣い守屋不二夫
市松の藍も息衝くエンブレム石川 雅子
マスコミを嫌う古刹が動じない中島 和子
格式の屋号梨園を光らせる上村  脩
謎解けぬ卑弥呼伝説褪せたまま大野 征子

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る