川柳人協会

花久忌(平成31年2月)
『 橋 』   いしがみ鉄選
木の橋の温み傷口癒やされる府金 節子
その橋を渡ると君は犯罪者伊藤三十六
吊り橋の真ん中で愛たしかめる久保田 実
この橋を渡れば逢える母がいる西松 忠義
国民と皇室つなぐ二重橋矢野 義雄
良縁の橋渡しして空が澄む大森みち子
人間の生き様照らす橋の月樫村 日華
ずっとずっとあなたの橋になる覚悟伊藤 聖子

『眺める』   内田 博柳選
窓際の目に内紛の馬鹿らしさ河合 成近
国境の壁を眺めて笑う鳥恵利 菊江
家系図の尻尾眺めて寒くなる駒木 香苑
人間を観察してる獣偏佐野由利子
見比べてつづらは小さい方を取る江畑 哲男
無意識の視線迷路を見る様に國嶋  武
米中摩擦野次馬が面白い江畑 哲男
君の背は回転木馬追いつけぬ相原あやめ

『着る』   和泉あかり選
肩書を着ると妻にも鬚が生え小倉 利江
着る人を選ぶ権利が欲しい服内野 泰守
年を経て親父の背広様になり權守いくを
長寿国時給脱いだり着たりして山口 早苗
名刺着ると物が小さく見えてくる柳田 二郎
一張羅出番は常にお葬式矢野 義雄
雪穴のビバーク新聞も着込む福井  勲
肩書きの重ね着寒い評論家渡辺  梢

『悠々』   佐藤 美文選
安穏な日日で可もなく不可もなし角屋 教子
悠々と流れる時間里帰り鈴木三穂子
年金がある飯がある妻がいる芦田 鈴美
アドリブをさらり共演者を救う福井  勲
日向ボコ生命線が背伸びする廣島 英一
身の丈を心得てから焦らない黒崎 和夫
悠々自適土を捏ね蕎麦を捏ね上村  脩
悠々と世界に名乗る富士の山山崎 修二

『効く』   中島 和子選
寸鉄の野次満場を引き締める大竹  洋
セールスの能書き効かぬものがない大野 征子
ブログ炎上やっとお詫びの腰を上げ亀井 洋司
馴れ合いの会議カラシを小出しする荻原美和子
定年後の夫に妻の誉め殺し小林 洋子
毒饅頭威力は知っているアナタ相原あやめ
同病で塗り合えば効く傷薬上野さざ音
鼻薬諭吉が壁をこじ開ける堀井  勉

協会秀句

平成31年度の秀句


平成28年以前の入選作品は近日中にUPの予定です。
しばらくお待ちください。


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る