川柳人協会

川柳文化祭1部(平成21年11月)
『アキレス腱』   成田 孤舟選
ダムに泣きダムに怯える大自然潮田 春雄
ピノキオの鼻を狙った熊ん蜂播本 充子
バッカスが五臓六腑を離さない岡部 美雄
難聴が徐々に狭めるテリトリー亀井  哲
ジョーカーを握って犬がよく吠える篠崎 紀子
絶頂期アキレス腱に蓋をする荻原美和子
官僚のアキレス腱を票が切る小金沢綏子
女帝論ガラスの箱に仕舞われる齊藤由紀子

『勇み足』   木崎 栄昇選
太陽と思い込んでる独裁者原  光生
オフレコが屋台の酒にこぼれだす菊池 可津
公約の呪縛が解けぬマニフエスト谷田部富義
減らしたい減らない核へ平和賞二宮 茂男
言わなくてよかったはずの独り言竹内田三子
有頂天ホップステップ水たまり近江あきら
煽てられもう一枚の舌を出す小泉 正巳
愛情を測って溝を深くする和泉あかり

『渦』   小金沢綏子選
天も地もむせるCO2の渦五十嵐 修
台風の眼に居る顎が指揮を取り五十嵐淳隆
正解を捜すと渦が深くなる横田輪加造
抜擢の椅子ジェラシーが塒巻き秋山 茂子
昭和史を叩くと渦が降ってくる野中いち子
ケータイの渦を呑み込む都市砂漠原  光生
欲望の渦が人間性奪う竹田 光柳
賞讃の渦へ私を見失う上村  脩

『遊ぶ』   安藤 紀楽選
捨てるにも選ぶ作業がつきまとい後藤 育弘
おれ流を生きて小さなゴミ袋?渡辺  梢
選曲に霧中歌など聞いてない小野句多留
同居案蹴っておひとりさまの城渡辺  梢
クラス会羽振りの匂う服を選る石川とく江
仏滅を敢えて選んだ愛もある生井 芳夫
楽な道選び扁平足になり岡部 美雄
農を継ぐ僕の選んだ嫁が来る米島 暁子

『惜しい』   西來 みわ選
お下がりの服ほころびる七五三安田 夏子
あと一歩母を越せない煮転がし石川とく江
髪洗うたびアイディアが消えてゆく西潟賢一郎
沈むには惜しい夕陽といる二人津田  暹
才能はここまで遮断機が降りる木崎 栄昇
権力を握り忘れたありがとう荻原 鹿声
タッチの差だったと二位の肩を抱き刑部 鬼子
素晴らしい凡人だった父の書庫米島 暁子

『影』   野中いち子選
影も又オーラを纏う絶頂期石川とく江
影武者の舌雑音も消化する成田 孤舟
ひまわりの影雑兵の反戦歌金子美知子
影が歩いているチリメンジャコの都会堀井  勉
正道を歩いて影にブレがない志村 宇一
無影灯命の影を追い求め?渋川 渓舟
幻影に怯えるアフガンの子ども小西 章雄
一寸の虫一寸の影を引く安藤 波瑠

『厳しい』   竹本瓢太郎選
どん底の底をえぐってくる格差加賀谷三帆
人裁く日の法廷へ鬼となる西潟賢一郎
厳格な家風で守る世襲制?渡辺 貞勇
新人が育つと首が待っている近江あきら
プライドをハローワークが買い叩く横田輪加造
二幕目の暮らしが強いる消去法佐藤 頼昭
札束へ男の美学守りきる南川 桂子
進化するマウス戦が終わらない小金沢綏子

『靴』   岩田 明美選
カルチャーへ飛んでる妻の赤い靴守屋不二夫
履き慣れた靴で余生を這い回る今井ゆずる
空を舞う白鳥になるトーシューズ森崎 清三
小賢しい核が軍歌を履きたがり五十嵐淳隆
下駄箱に羽の生えてる靴がない近江あきら
朝の靴修羅へ赴く心意気岡部 美雄
昇進の靴は笑顔で迎えたい北山 蕗子
未来へのジャンプ遣る気の靴が跳ぶ廣島 英一

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る