川柳人協会

川柳文化祭1部(平成30年11月)
『迎える』   齊藤由紀子選
墓参り何時か来る日の土に触れ井上 東風
ようこそ古希少し哀しいかな今日は稲沢ひろせ
てんこ盛りの複雑でくる消費税渡辺  梢
手不足へ間口拡げる多国籍平蔵  柊
シャンシャンが上野を人の山にする阿部  勲
明日からは十八嫌だなあ大人川口 雅生
介護バス親も子も乗る長寿国上野さざ音
百歳のラインダンスがやってくる渡辺  梢

『巡る』   木崎 栄昇選
寒風ももう次の芽が土を割り篠原 ゆみ
回り道して原点に辿り着き渋川 渓舟
病院のハシゴで友が増えてくる堀井  勉
やがて来る終活の日の息づかい上原  稔
湯巡りで行きかう人があたたかい上村  脩
人の世を巡って風は丸くなる芝田勘右衛門
メビウスの帯徘徊を誘い込む三上 武彦
寺巡り重ねた罪をざん悔する佐藤 鴻司

『模様』   加藤ゆみ子選
赤と青ねじれ模様の星条旗安西 建次
唐草が世界へエコの手本見せ大竹  洋
水玉のシーツで海と同化する荻原美和子
縄編みのうねりに母の応援歌岩田 康子
老人には絣模様のハッシュタグ渡辺  梢
風紋を砂丘に描く神の筆篠田 東星
異次元を草間彌生と浮遊する岩田 康子
クッションを柿色に替え秋の部屋小杉美智子

『柔らかい』   大野 征子選
新人の鱗鋳型へ柔らかい小倉 利江
もやしっ子マトリョーシカの中に棲む五十嵐淳隆
やわらかな眉に満足する鏡和泉あかり
やわやわと張れば切れない脳回路五十嵐淳隆
硬軟を手軽に捌くリトマス紙廣島 英一
ホスピスの会話オーラに包まれる竹田 光柳
師の笑顔あとで漢方薬になる大竹  洋
柔軟な思考回路にある多様深堀 秀子

『揺れる』   黒崎 和夫選
延命の拒否へ家族が揺れている平蔵  柊
無い筈の遺産姉妹の血を揺らす織田 和子
極刑へ裁判員にある躊躇福井  勲
大国の論理で揺れる世界地図佐々木一彦
新しい母に子どもが揺れ惑う織田 順子
安楽死願って独楽が揺れはじめ河合 成近
遺言の宛名へ語尾が揺れてくる渡辺  梢
延命を拒否した後も揺れている大戸 和興

『余白』   中西 隆雄選
虚実陰陽余白が語る水墨画福井  勲
百歳の余生まだまだ生きられる米島 暁子
自分史の余白に埋める愛と罪加藤 佳子
エンディングノート余白は愛で埋め織田 順子
年輪の余白を埋める老いの趣味上田 健太
百態を演じ余白の深呼吸深堀 秀子
枯渇する脳へ余白が重くなる芦田 鈴美
未来図の余白に夢の種を蒔く渋川 渓舟

『 楽 』   山口 早苗選
美女と野獣楽しく暮らすユートピア小林 洋子
楽しみにしてると来ない詐欺電話小菅  忠
連れ合いを亡くした途端鬱が消え岡  遊希
究極のゴール白寿で安楽死栃原 輝昭
文楽の人形どっこい生きている權守いくを
楽すると呆けると子供口揃え深川きんぎょ
楽な方楽な方へと風見鶏深堀 秀子
少子高齢左団扇が落ちてない小倉 利江

『力量』   西潟賢一郎選
挑発に乗った未熟を自覚する米川あいこ
誕生の拳が天を突き上げる廣島 英一
AIの便利人間反古にする篠原 ゆみ
能力に溺れ自分を見失う新井千恵子
上司より部下に限界試される稲沢ひろせ
冴えているペンは皆んなに愛される木口 孝子
父の声ここ一番が揺るぎ無い深堀 秀子
母さんの十月十日に借りがある岩田 康子

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る