川柳人協会

川柳文化祭1部(平成24年11月)
『音』   篠田 東星選
人間を支配小癪な電子音若月  葉
支給日は行進曲に乗って来る米島 暁子
芝刈り機隣の庭が唸り出し堀井  勉
ほんとうの音が恋しい指話と指話西潟賢一郎
新聞の音読今日が立ち上がる井出ゆう子
豊穣を喜び躍る笛太鼓新井 良夫
宿敵の羽音闘志に火をつける小金沢綏子
バラバラの音符束ねるにぎり飯荻原 鹿声

『ノー(NO)』   渡辺 梢選
ノーメークここぞの時に立ち上がる永井 静佳
延命は拒否天国で詩を読む津田  暹
フクシマの牛はマイクに応えない荻原 鹿声
割り切れぬ話キャベツを真っ二つ魚地 芳江
ジンクスがよせと言うから行きません井出ゆう子
本心はノーノーノーのイエスマン二宮 茂男
病院を終の住処にさせません井出ゆう子
原発を断つ赤ちゃんの足の裏山口 早苗

『はかない』   五十嵐 修選
表情のない顔顔のケアホーム若月  葉
難病の子を助けられない無常いしがみ鉄
人の世は無常の夢の走馬灯懽守いくを
散る花に託す無言の相聞歌新井千恵子
真っ当に生きた柩が軽すぎる齊藤由紀子
才能がはかなく散った無言劇大戸 和興
陽炎の向こうで幻想が揺れる北山 蕗子
永遠の命などない曼珠沙華國嶋  武

『秘密』   荻原美和子選
繁栄の陰で過労死伏せられる中西 隆雄
筋書きが狂い秘密が噴火する布施 ちえ
真相は誰にも話さないメタボ畑 多聞子
ポケットの中で秘密が太りだす篠田 東星
目配せが記憶回路を白にする堀井  勉
法律に触れぬ微罪を抱いている木崎 栄昇
耳打ちが仲間意識を強くする福士 哲夫
モザイクの下で秘密が太りだす阿部  勲

『深い』   中西 隆雄選
豊かさの中で迷路が深くなり井上 東風
故郷の森に思考を積み上げる大河原信昭
谷底に落とされ野望組み立てる篠崎 紀子
リストラの深手は鬼の牙も抜き西潟賢一郎
両陛下その眼差しが慈悲深い堀井  勉
掛け違う釦に深くなる樹海荻原 鹿声
二極化の街で疑い深くなる上村  脩
真実を彫る碑の深き文字西潟賢一郎

『ペース』   中島 和子選
リハビリの焦りはしないカタツムリ久郷せつ子
褪せてきた仮面の修理忙しい近江あきら
お役所の文書に深い隠し味横塚 隆志
ペース守って適量の凪にいる荻原美和子
恍惚の世話足踏みを許さない西潟賢一郎
高齢化世帯冬支度が早い西潟賢一郎
おもちゃ箱から兵隊が歩きだす佐藤 美文
終の絵を飾る歩調を整える木崎 栄昇

『慕情』   竹本瓢太郎選
ときめきが消えないうちに切符買う魚地 芳江
残照が胸の慕情を掻き立てる宮内みの里
再会へ断ち切った愛甦る堀江 加代
残された妻の湯飲みで独り酌む長瀬 煕美
更年期慕情のかけら突き刺さる徳永 妙子
古タンス亡母の顔が甦る篠崎 紀子
独り飲む酒が想いを膨らませ佐藤 孔亮

『守る』   清水 香代子選
改革の不備突いてくる既得権坂野 照明
日本の農を守ってきた棚田大戸 和興
砂の城それでも死守のうさぎ小屋若月  葉
愛し子へ青い地球をガードする大野 征子
貧しくも自分の色で旗立てる魚地 芳江
原発へノー次世代の子の為に小倉 利江
尖閣は固有領土と譲れない宮内みの里
風雪に耐えて九条揺るぎ無い山田こいし

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る