川柳人協会

川柳忌(平成21年9月)
『前進』   竹本 瓢太郎選
リハビリの箸が昨日の豆を超え齊藤由紀子
改革の一歩社風も若返る成田 孤舟
出来ることまずは始めて立ち直る久保田見乗
ファンファーレ視界さえぎるものはない堀江 加代
後退の文字は知らない絶頂期大野 征子
若者のスクラム躊躇など知らず廣島 英一
多機能がまた加速するデジタル化上田 健太
もう冬に蟻の行進曲続く成田 孤舟

『理想』   齊藤 由紀子選
ファミレスの皿で吠えてる理想論西潟賢一郎
標札は二つ互いに生き上手成田 孤舟
エコカーもついでにタダにしておくれ津田  暹
ぽっくり寺に積んである理想論中島 和子
無為徒食理想が脳で風化する長野建八郎
引き算をするアラフォーの理想像秋山 茂子
旨い酒飲んで長寿へ亀の足福田 岩男
婚活に疲れ理想が目減りする阿部  勲

『几帳面』   秋山 茂子選
エンディングノートに確かとお布施まで福田 岩男
アバウトと玉虫色は寄せつけぬ加藤 富清
生き下手の目は信号をよく守り西潟賢一郎
日記帳開けば自分史がこぼれ齊藤由紀子
カレンダー通りに暮らし無味無臭西潟賢一郎
ねばならぬ律儀が老いと戦する都倉 靖子
成長が一目で分かる母子手帳潮田 春雄
句読点はっきりつけて味がない安藤 波瑠

『癖』   米島 暁子選
加齢臭吹き飛ばしてる女癖太田ヒロ子
深読みの癖が高じて人嫌い都倉 靖子
夫の癖肴に弾むクラス会増田 幸一
チェックする癖が身につく管理職大野 征子
酔えばまた愛しているを繰り返す廣島 英一
独得の筆跡で名を覚えられ中島 和子
筆跡が自己主張する漫画文字國嶋  武
母の癖真似ると母の顔になる西潟賢一郎

『活気』   植木 利衛選
マジックが出て応援も噴火する齊藤由紀子
千客万来ETCのお蔭です成田 孤舟
SLの煙過疎地を活気づけ堀江 加代
老人が主役ふるさと町興し願法みつる
勝ち組みの会話は語尾も勇ましい近江あきら
やきそばと餃子元気な街にする津田  暹
倒産の処分セールに客が群れ上田 健太
キッチンを陽気な嫁が弾ませる秋山 茂子

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る