川柳人協会

川柳文化祭1部(令和3年11月)
『住む』   近江 あきら 選
老いてなお一の虫胸に住む堀江 加代
夢捨てぬ八十路の部屋に鯨の絵渡辺  梢
父さんが居ると風まで柔らかい米島 暁子
丸く住む妻にはいつも耳を貸す駒木 香苑
アッピール下手で二軍に住み馴れる五十嵐淳隆
胸に住む鬼に怠惰を指摘され藤 あかね
波風を乗り越えてきた現在地渋川 渓舟
紙芝居抱いて童話の町に住む大野 征子

『正確』   芦田 鈴美 選
四冠の読みAIの上を行く白子しげる
正確に刻む時計がもの足りぬ増田 幸一
正確にそして無慈悲に誤爆する高橋  充
稲を刈る父の狂わぬ腹時計福井  勲
アルバムに見事に飾る子の育ち渋川 渓舟
狂わない時計でいつも遅刻する木崎 栄昇
通勤の靴が知ってる時刻表渋川 渓舟
針の無い塔は揺るがず五百年權守いくを

『染める』   大竹  洋 選
CMでラッピングする路線バス上田 健太
玉虫に岸田カラーが褒められる河合 成近
喝采の彩をフアンも身に纏い國嶋  武
俺はクロ孫はチャ髪にする平和小池 主計
デジタルの海で揉まれるアナログ派國嶋  武
七変化させた男に骨がない新井千恵子
何色に染まるか産声の未来堀江 加代
染められた男はきっと貝になる平井  熙

『頼る』   平蔵  柊 選
無党派に頼ると風に流される佐道  正
定石に頼ると敵に見抜かれる江崎 紫峰
若者の善意に頼る献血車五十嵐淳隆
多国語に頼る介護と町工場上村  脩
暮しぶりまで診てくれる過疎の医者岩田 康子
消去法残る理解者妻となる小山しげ幸
要介護人という字を深く知る森 沙恵子
お日様があるからみんな生きている國嶋  武

『調和』   江畑 哲男 選
抜け感がいいとダウンにはボーダー洲戸行々子
北斎の浪には低い富士が合い五十嵐淳隆
ユニクロとタッグを組んで庶民です齊藤由紀子
釣り合いの取れぬ妻でも嫉妬する平井  熙
小春日へふと口遊ぶ自由律渡辺  梢
お喋りが出来て家族になる家電加藤ゆみ子
親ガチャ子ガチャ諦めて仲が良い安藤 波瑠
三密でほっとしている仲違い佐藤 鴻司

『尽くす』   荻原 美和子 選
軽石が覆い尽くした美らの海佐道  正
私財まで注ぎ込んでいるボランティア堀井  勉
心までドナーカードに書き加え上田 健太
最期まで尽くす笑顔があたたかい上村  脩
深すぎて尽くしきれない愛もある髙橋 和男
沖縄に尽くしきれない恩がある山崎 修二
国民のためだと公約の羅列河合 成近
真相を究め眠りを深くする北山 蕗子

『てきぱき』   中島 和子 選
葬儀屋の一挙一動無駄がない堀江 加代
根回しでシャンシャン総会が走る安藤 波瑠
AIがあっさり捌く匠わざ南川 哲夫
不始末を隠匿さすが手際よい栃原 輝昭
株主の口に合理化煽られる横澤 七五
段取りの良さに子連れのウエディング駒木 香苑
復活へ積むシナリオに無駄がない上村  脩
幕引きはタンゴの曲でゆくつもり渡辺  梢

『友』   西潟 賢一郎 選
温かい余韻残して友帰る小保田千代
公園デビューママ友の品定め大野 征子
軸足をずらすと友が寄ってくる新井千恵子
妻は戦友喜怒哀楽の坂を知る齊藤由紀子
電子辞書撫でて博学友とする柳 るみ子
親友が先に決めてた金屏風米島 暁子
歯にキヌを着せぬ同士で仲がいい國嶋  武
風上にいて選り分ける友の数上村  脩

協会秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る