川柳人協会

川柳文化祭誌上大会(平成30年)
『 点 』   宮本彩太郎選
着地点決めて理由が追いかける野平光太郎
点睛を欠いていそうなピカソの絵高塚 英雄
一点の隙も見せない未熟者宮川 令次
人生も平均点でまあいいか眞宅駒っ太
人影が点になるまで送る母青鹿 一秋
満点のヒト科は神を創らない中西 隆雄
農を継ぐ本気が鍬に点火する岡 さくら
欠点の癖球魔球へと磨き及川竜太郎

『 時 』   安藤 波瑠選
戦時下を生きて頷く平和論北川キミ代
悲しみの時間止まってしみとなる角谷 教子
植毛もエステも時空埋められず根岸 ムベ
新版に時代が浮かぶ広辞苑織田 順子
時間ない時が一番頑張れる三浦 武也
目に見えぬ時を振り子で見てしまい長野建八郎
人類の残り時間を核が持つ平井 義雄
始まりも終りも謎の時を生き後藤 育弘

『流す』   四分一周平選
背を流すように故郷の墓洗う安藤 紀楽
わだかまり流して空の青を知る平瀬 芙蓉
涙にも色取りどりの親不孝栁田 二郎
滑舌の流れが悪い午前様長谷川庄二郎
ビル街の人の流れに唄がない西潟賢一郎
復興へ無償の汗が駆け付ける宮内みの里
思い出も夢も無にする土石流中西 隆雄
添加物増やして流れつく噂渡辺  梢

『滲む』   岩田 明子選
詫び状へ涙も混じる墨の色渡辺  梢
お別れの手紙インクが乾かない山本あかね
根の深い悲しみ乾く事がない佐瀬 貴子
花束へ仕事の鬼の目に涙織田 順子
覆っても覆ってもまだ放射能平井 義雄
判決に遺族無念を隠さない徳田 正幸
誰よりも苦労の汗を知るタオル三浦 一見
平和しみじみ八月の鶴を折る齊藤由紀子

『拭う』   江畑 哲男選
便器拭く帝王学の第一歩三上 武彦
言い過ぎた口にはパンを放り込む瀬戸れい子
拭って拭って私でなくなった真島美智子
成るまでの汗とタオルに言い聞かす佐瀬 貴子
寝たきりを拭くせめてもの恩返し織田 順子
グーグルに残る払拭したい過去毛利 由美
バックミラーを拭うと君がよく見える中原たかお
イクメンのまだ不器用なバスタオル齊藤由紀子

『 熱 』荻原 亜杏選   
列島に少年点火将棋熱大川 光一
冬のため取って置きたいこの酷暑児玉たかお
野良猫の熱い視線が振り切れず渡邊 幸子
灼熱に魂込めて刀鍛冶國貞 雅嗣
熱中症こわい時代になってきた覧のぶなが
高熱を出して地球が病んでいる織田 順子
熱帯化神の試練に底が無い栁田 二郎
田も畑も消えてようやく熱が冷め篠田 東星

『覗く』   二宮 茂男選
出番待つ高まる胸で舞台袖倉永みちよ
内視鏡戦士の過去を暴き出す樫村 日華
大接近地球を覗く火星人平蔵  柊
目を覗くあなたをもっと知りたくて佐瀬 貴子
衛星に裸にされる軍事基地﨑山 敏子
うちのこと何でも知っている隣竹中たかを
グーグルがドンのはらわたまで覗く織田 和子
ずかずかと入る守秘義務ないネット宮内みの里

協会秀句

平成31年度の秀句


平成28年以前の入選作品は近日中にUPの予定です。
しばらくお待ちください。


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る