川柳人協会

川柳文化祭1部(令和2年11月)
『訪れる』   白子しげる 選
児相訪問虐待の闇に触れ中島 和子
GoToへ乗るウイルスの薄笑い島田 駱舟
無味無臭無色でコロナ訪れる願法みつる
ヒトが来てうるさくなった一軒家五十嵐淳隆
新聖地今日も鬼滅のファンで混み安藤 紀楽
ニュータウン訪ねる人も無く無口安西 健次
延ばされた春ようやくに祝い膳洲戸行々子
不器用な嘘を置いてく見舞客.江畑 哲男 

『書く』   上田 健太 選
保険屋が書き込む空欄の油断中島 和子
畏まる筆をなだめて急く揮毫新谷みのり
異議ありと書く鉛筆は尖らせる相原あやめ
一を書く筆の先から春の音新井千恵子
万感の恩愛水茎へ込めて及川竜太郎
署名しただけで人格までも消え竹田 光柳
無人駅風はドラマを書きたがる山口 早苗
にんげんの命と綴る反戦記上村  脩

『岸』   佐藤 孔亮 選
命の岸行ったり来たりするカルテ伊藤嘉枝子
難民の死体が流れ着く岸辺落合 正子
文明のゴミが岸辺に鎮座する和泉あかり
彼岸までおんなは嘘をつき通す伊藤嘉枝子
湾岸の石油は自然発火する栃原 輝昭
引く波に思いを込める鎮魂歌平蔵  柊
拉致家族まだ岸壁の母がいる増田 幸一
璃岸流でした私の恋終わる齊藤由紀子

『組む』   金子美和子 選
正座からあぐらになって場が和み峯岸 照海
雑魚だってスクラム組めば強くなる近江あきら
手をつなぎデコボコ道を半世紀野口 英子
許された余生は四季の花と組み和泉あかり
駆け落ちも辞さぬ二人に親も折れ三上 武彦
味噌醤油貸し借りあった隣組田中 紗京
しなやかな語尾で鬼とも手を結ぶ荻原美和子
土と組む自然の慈悲に見守られ三田地輝憶

『芸』   國嶋  武選
芸道の父超えてゆく梨園の子三田地輝憶
赤貧に耐え磨かれる芸の道小池 主計
胸張ってメッキの鱗光らせる近江あきら
四歳で歌舞伎背負って見得を切る林  俊雄
一芸を極めた人にある深み大矢  敦
舞いすがた腰のすわりに出る年季佐藤れい子
派手すぎる芸へ満腹感がない芦田 鈴美
遺伝子が三味の音色にはしゃぎ出す奥山 みつ

『快い』   米島 暁子
楽しげな会話母娘の服選び大野 征子
花園の蝶の気分の酒二合佐藤れい子
ホンモノの孫の手に酔うマッサージ江畑 哲男
退院の祝いの如く虹が立ち權守いくを
何でも快諾便利に使われる八木せいじ
趣味の道充実感を連れてくる永井 静佳
故郷が好き俎板の音水の音山口 早苗
追う風に乗ると行進曲が鳴る近江あきら

『探す』   佐藤 美文選
消去法ばかりガラスの靴が無い齊藤由紀子
青い鳥探し迷路に迷い込み渋川 渓舟
雑談の中で本音を探知する新井千恵子
青春に落とした夢を探す旅上原  稔
生き甲斐が落ちていそうな回り道福井  勲
探求心いつでも持っている若さいしがみ鉄
少年の探求心が生む未来上村  脩
お互いのハートに青い鳥見つけ南川 哲夫

『式』   西潟 賢一郎選
式服を着ると年金逃げてゆく野口 英子
出来ちゃった婚です省く式次第大野 征子
折半の挙式時代を受け止める中島 和子
生きざまの方程式は汗で解く近江あきら
旧式の脳が横文字拒絶する八木せいじ
人間を選る等式と不等式上村  脩
人生は加減乗除の繰り返し水野 俊徳
数式が動くあなたはもう居ない山口 早苗

協会秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る