川柳人協会

川柳文化祭1部(平成27年11月)
『景気』   渡辺  梢選
商店街シャッター街と名を変える大貫 友康
はずします貧乏神というお面 加藤ゆみ子
日銀の素肌に触れぬ聴診器阿部  勲
好況の谷間にプアー・チルドレン加藤ゆみ子
胃の乾くとき傾いてゆく景気西潟賢一郎
儲けたな金の話が出てこない松尾タケコ
あの国のバブルどこかで見た景色 上野さざ音
下流には老人がいて好景気上原  稔

『凝る』   原  光生選
手料理に自分の世界から抜けず中島 和子
いい人をやってしまった肩の凝り菊池 良雄
追っかけの子に飲ませたい熱さまし大野 征子
母ちゃんをさておきペット抱くすくめ池田 文子
影と点追ってカメラの鬼となる廣島 英一
監督のNG神話まで創る島田 駱舟
肩書の重い名刺で肩が凝る木崎 栄昇
ふし穴が骨董屋から離れない長澤 昌三

『斬新』    米島 暁子選
ファッションと言えど勇気を試される島田 駱舟
斬新な演技で真央が甦る江崎 紫峰
ドローンで届くサンタのプレゼント平野さちを
溜め息がもれた昭和のキスシーン五十嵐淳隆
久々に太郎花子という名簿願法みつる
同性のパートナーにも保険金岩堀 洋子
鮮烈なモード熟女のカーニバル中島 一甫
百均のユニーク世界から評価小田 春菜

『神秘』   上田 健太選
蒲焼の主役が隠す出生地大竹  洋
風紋に神の機嫌を見る神秘畑 多聞子
顕微鏡神秘が媚びを売りにくる西潟賢一郎
モザイクの裏で神秘が会釈する西潟賢一郎
サイエンス神のベールを脅かす大竹  洋
おもいっきり海を引き寄せ母になる和泉あかり
ゼロといちその真ん中にある神秘杉山 太郎
ビーカーに光るひとしずくの神秘山口 早苗

『スリル』   堀江 加代選
終止符を姑が踏みそうで踏まぬ山口 早苗
合鍵を初めて使う手がふるえ篠田 東星
活断層ハザードマップあざ笑う布施 ちえ
3D臨場感に呑み込まれ 平蔵  柊
ミサイルが飛び込む海で鰤を獲る洲戸行々子
お互いの地雷を探る倦怠期守屋不二夫
一割の生存率の手術受け竹田 光柳
残金と追いかけっこの余命表小田 春菜

『席』   佐藤 孔亮選
末席の愚痴がネットに谺する 荻原美和子
揉め事を美味そうに食う外野席大竹  洋
人の影踏まないように席を取る若月  葉
盛装で以下同文が席にいる河合 成近
スポーツ紙の見出し狙っている打席河合 成近
弁当を付けると補助席が足りぬ岩田 康子
空席がないので振り出しに戻る佐藤 幸子
大臣の席は泥棒まで座る織田 和子

『そっくり』   小金沢綏子選
丸投げで責任迄も押しつける峰岸 照海
ITの闇へコピペの笑い声島田 駱舟
戦前の風の匂いがする不穏織田 和子
盗作をネット社会があぶり出す峰岸 照海
独裁者みんなおんなじ顔で吠え守屋不二夫
制帽で軍帽でない自衛隊阿部闘句朗
先代を彷彿させる芸の艶守屋不二夫
開発が街を同んなじ顔にする上村  脩

『大胆』   二宮 茂男選
辞意を秘め真相暴く建白書井上 東風
理想論蹴って出たとこ勝負する佐藤 晴江
ありがとう不適の笑みを置く火種布施 ちえ
幾山河越えて揺るがぬ肝っ玉不呼名
地球儀を手毬に野心家が遊ぶ木崎 栄昇
お言葉へドンキホーテが持つ反旗大竹  洋
太陽を追って真っ暗ひとりぼち金子美知子
天外の仮想を抱く試験管平蔵  柊

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る