川柳人協会

川柳忌(平成25年9月)
『髪』   荻原 美和子選
真っ白な髪に冤罪晴れてくる篠田 東星
反省に泣くアイドルの丸坊主原  光生
角刈りで決める啖呵も冴えてくる上村 健司
さよならの言葉がきつい後ろ髪田中八洲志
アラフォーの焦り白髪が攻めてくる阿部  勲
明日嫁ぐ娘の髪に詩がある廣島 英一
熟女剃髪静止画の中に居る亀井  哲
あがいても髪から歳が下りてくる篠田 東星

『ラスト』   願法 みつる選
ふんわりと時間が浮かぶ仕舞い風呂落合 正子
幕切れへ涙の虹が消え残る新谷みのり
終章の余白パズルが埋まらない堀江 加代
終章は故郷の空の風になる若月  葉
最期には捨てた故郷の土になる浅見 心象
煩悩の果てに行き着く砂の城上村  脩
狼になろう最後の夜ならば織田 和子
落日の中へ男が燃えつきる亀井  哲

『犬』   原 光生選
父さんをあてには出来ぬ犬を飼う池田 文子
返り咲き見据え尾を振る犬になる上村  脩
平和ボケポチもパンツを穿かされる上村 健司
大卒がしばし会社の犬となり離らっくす
三猿に徹し吠えない秘書カバン新谷みのり
ロボットの犬が独居をケアーする新谷みのり
職退いて今度は犬に使われる上村  脩
張りぼての王者支える噛ませ犬守屋不二夫

『先生』   竹田 光柳選
金バッジ直ぐ先生の顔にする織田 和子
担任を当たり外れと評価され平蔵  柊
教え子の賀状家族が増えてくる落合 正子
校長になって孤独の風を知る生井澤 昇
先生が魔法を掛ける子の未来守屋不二夫
天職の教師に読めぬ成果主義荻原美和子
元部下を先生と呼ぶ趣味の道岡田 秀夫
辛酸を舐め本当の師に出会う上村  脩

『リース』   廣島 英一選
貸し借りはしない終章の深呼吸上村  脩
借金も信用という得手勝手新谷みのり
所有せず賃貸と言う選択肢新堀 秀子
リースバックする経営者の手腕大野 征子
役人の中古高値でリースされ原  光生
虎の威を借りると雑魚も獅子になる西潟賢一郎
断りもなくリースする四字熟語上田 健太
禅譲の美学の裏にあるリース井上 東風

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る