川柳人協会

川柳文化祭1部(平成25年11月)
『道』   津田  暹選
手探りの獣道ゆく防護服宮内みの里
坂道になると絆が生きてくる黒崎 和夫
産道で先ず気にかかる金のこと伊藤三十六
誤作動はなかった母の道標植木 紀子
我が道を行くデジタルに切り替えて河合 成近
道がある限り二本の足で立つ北山 蕗子
平凡な道でよかった鰯雲潮田 春雄
戻れない道だと知らぬ呱呱の声國嶋  武

『ムード』   米島 暁子選
紹興酒チャイナドレスの媚びに酔い西潟賢一郎佳
観覧車上り切ったらプロポーズ佐道  正
蝶になる少女華やぐネオン街榊原 南山
秋晴れにそそのかされたスニーカー木口 孝子
見詰め合う二人に溶ける角砂糖篠田 東星
保護色のあなたに染まる安堵感木崎 栄昇
飲めないがムードで受けたナポレオン三浦 武也
バラの風呂私を姫にしてくれる齊藤由紀子

『迷惑』   大野 征子選
容赦ないスパムメールの山退治木口 孝子
放射能洩れに歳時記くずされる米島 暁子
約束を破った毬がよく弾む篠崎 紀子
隣国の詭弁誤解の多色刷り廣島 英一
ユーデルを音痴のノドがかき回し西潟賢一郎
看板のお辞儀が詫びる工事中佐藤 晴江
風評に網をたたんだままの漁夫田中寿々夢
絶対を吐く子理屈ひとつ無視を決め生井 芳夫

『森』   秋山 茂子選
七人の敵など居ない母の森永井 静佳
思いやり予算が森を基地に変え小金沢綏子
チェーンソー野鳥の森は不眠症井上 東風
森になる夢は捨てないこ零れ種小倉 利江
決断へ迷いの森を駆け抜ける上村  脩
古代史のDNAが森にある落合 正子
森という酸素ボンベを抱く地球三上 武彦
手付かずの森に神代の風が吹く上村  脩

『やせ我慢』   花道 歌子選
左遷地でパイオニアだと言い聞かす野口 節子
泥舟を漕ぐ毎日へすまし顔永井 静佳
イエスマン感情線を押し殺す宮内みの里
腹の虫押さえピエロを演じてる廣島 英一
善人にされて蓋する自尊心井上 東風
飛び出した故郷にだけは泣きつかぬ徳田 正幸
聖人の衣が重い肩の凝り織田 順子
一語呑む喉に沽券が絡みつく田中寿々夢

『指』   田中寿々夢選
ごつい指だれにも恥じる事はない堀井  勉
火の匂い追う勝負師の冷えた指齊藤由紀子
少年の十指日本の明日を編む宮内みの里
愛憎の記憶で疼く薬指上村  脩
朴訥に生きた居職の指の胼胝上田 健太
頼りない草食系の細い指小山しげ幸
指輪外してやっと抜け出す冬の景齊藤由紀子
ドングリの運弄ぶ覇者の指上村  脩

『酔う』   堀井  勉選
もう一本キミが小町に見えてきた大竹  洋
発泡酒少し安めの酔い心地田中寿々夢
菊の香に酔い酒に酔う文化の日斎藤 弘美
異状気象地球も酔っているらしい大戸 和興
じんとくるスピーチに酔う返り咲き荻原美和子
ルーブルを溜息だけで見て回る福士 哲夫
百薬の長の困った副作用河合 成近
優勝の美酒へグラスの底が抜け石川とく江

『らくらく』   和泉あかり選
左遷地で師範になった安来節二宮 茂男
帰国子女LとRを喋り分け五十嵐淳隆
歯車に一枚かんでらくをする篠崎 紀子
内申書だけで付属を駆け上がり荻原美和子
前屈は負けぬお辞儀で食っている児玉 寿子
学卒を刷り増す甘いトコロテン原  光生
ハッカーのネットに自動ドアがある宮内みの里
肩書が付き風に乗り雲に乗り小金沢綏子

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る