川柳人協会

川柳文化祭誌上大会(令和元年)
『 励む 』   織田 順子 選
倍の汗かいて届ける無農薬府金 節子
生涯を努力と信じ石を積み竹田 光柳
独り立ち貫きとおす独楽の汗柴垣  一
銀メダル汗で磨いて金にする河合 成近
生きのびるコツ引き継いで進化論相原あやめ
辞書積んで積んで己とする戦渋川 渓舟
帰る家あるから今日も頑張れる藤井 杏樹
国宝と呼ばれ手抜きのない錬磨秋山 了三

『 引く 』   山口まもる 選
綱引きのパパが一番かっこいい古賀 順子
引き算の余生プラスにする笑顔(客)しおざわきよ
団塊で昭和の荷物引いた自負權守いくを
引き出しの滑べりが悪い老いの脳中島 通夫
わたしからあなたを引くと風になる安藤 敏彦
引込線これから長い長い旅樫村 日華
引き絞る火の矢チャンスを待っている平井 翔子
発想の転換引いてみませんか真島美智子

『 踏む 』   荻原美和子 選
脱メタボ体重計という踏み絵大竹  洋
信心が寺の石段へこませる滝沢 祥子
憎しみの連鎖が過去の轍を踏む白子しげる
難問に遭うと足踏みばかりする木崎 栄昇
ふるさとの虹へ思わずタタラ踏む横村 華乱
決断の鈍さブレーキばかり踏む府金 節子
未来へと一歩踏み出す子の勇気江崎 紫峰
賛成の踏み絵に飴が盛ってある相田 柳峰

『 平穏 』   安藤 紀楽 選
何事もなく夜が明けたネオン街上村 健司
シュガーポット満たして主婦のティータイム 渡邊  梢
本番に臨むいつもの朝ごはん佐藤 孔亮
中流の暮しデモには遠く居る小倉 利江
平穏へパジャマのゴムが欠伸する小林ふく子
平穏を平和と思いこむ怖さ竹山惠一郎
家族みな定位置につく休み明け岩田 康子
生きてるかそんな電話の友が居る小暮 風六

『 掘る 』   島田 駱舟 選
政治家の祝辞墓穴を掘りたがり五十嵐淳隆
これ以上掘ったら愛が消えそうな瀬戸れい子
退屈な顔して埴輪目を覚ます廣島 英一
掘れば掘るほど日本史のイリュージョン竹中たかを
念のため我が家の庭も掘ってみる沢田 正司
穴二つ掘る覚悟なら出来ている相原あやめ
井戸を掘るらしい信じているらしい真島久美子
こんなはず無いと自分を掘り返すかしわぐま光代

『 窓 』   上田 健太 選
それぞれの窓それぞれの音で聞く萩原まさ子
小窓には夢のかけらが二つ三つ森永可恵子
冒険へ飛び立つ窓は開けておく秋山 了三
燦々と天窓に射す無垢の愛上原  稔
信じ合う二人の窓に鍵はない川上 澄子
小さくとも明日が見える窓にする佐野由利子
しあわせを買える窓口どこですか石川 柳寿
千の窓千の暮らしが息をする加藤友三郎

『 磨く 』   阿部  勲 選
大部屋の芸が主役の背で光り荒井 広和
墨よりも黒く仙女の黒揚羽星出 冬馬
謙虚さを磨いて影が薄くなる澤崎ひらめ
磨いてごらん僕の野獣が眼を覚ます芝岡勘右衛門
ニンゲンを食べたらすぐに歯を磨く竹中たかを
栄光は一瞬これからを磨く真島久美子
乾拭きは終り明日は幕があく廣島 英一
磨きすぎ美女がのっぺら坊になる佐藤 孔亮

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る