川柳人協会

可有忌(平成23年5月)
『リベート』   島田 駱舟選
人間の性へリベートへばりつく永井 静佳
リベートの風向き嗅ぎに猪口が来る和泉あかり
政治家の濡れ手入札掻き回す齊藤由紀子
リベートへ透明人間が群れる小倉 利江
プロパーと医者宇宙語で会話する上田 健太
原子炉も建つリベートという力西潟賢一郎
飴一個与えて妻のことを聞き佐藤 孔亮
先生の名刺にたらす甘い汁亀井  哲

『見当』   花道 歌子選
ボスの意を先読みしてる秘書の勘齊藤由紀子
原発が明日を読めない国にする小倉 利江
価値観の相違心が触れ合わず増田 幸一
職人の指に目がある耳がある小倉 利江
不器用が虹を信じてみると言う久保田見乗
災害の規模へソロバン玉無口小倉 利江
逆張りの読みが当たった高笑い守屋不二夫
極楽はあのあたりかな大落暉安藤 波瑠

『飼う』   國嶋 武選
善人も心の奥に鬼を飼う近江あきら
ビンラディン子飼いが動き急を告げ及川竜太郎
天邪鬼飼い友情を凍らせる齊藤由紀子
ケータイはペット都会の迷子たち西潟賢一郎
エリートの貌で飼われている過保護大野 征子
煩悩が羊の数をまた増やす亀井  哲
飼われてる自覚全くない亭主大矢  敦
言い訳にうまい鸚鵡は捨てられる西潟賢一郎

『誘惑』   荻原 美和子選
優し気な笑み琴線に触れてくる岩瀬 恵子
童謡がおいでおいでをする故郷伊藤三十六
ドンファンのセリフくさびを打ちにくる岩瀬 恵子
徴兵を音符で煽る鼓笛隊西潟賢一郎
札束の笑い主張を曲げにくる齊藤由紀子
鼻濁音理性の脳を撫でられる齊藤由紀子
目力で心の中を抉られる花道 歌子
クリックの一押し悩む未知サイト山本八千代

協会秀句

平成31年度~令和元年の秀句


ご案内

全ての入選作品を収録した「川柳文化祭」を1冊700円でお頒けしております。ご注文はこちらをクリックください。

  • 川柳文化祭
ページのトップへ戻る